乳成分の量で味わいはさまざま!アイスはパッケージの「種類別」をチェックしよう
ライフスタイル

乳成分の量で味わいはさまざま!アイスはパッケージの「種類別」をチェックしよう

矢崎海里 管理栄養士・フードコーディネーター・発酵食スペシャリスト

夏はひんやりと、冬は暖かい部屋でぬくぬくと食べるのが最高なアイスクリーム。一口に「アイス」といっても種類がたくさんあり、4種類に分類されるのをご存じですか。乳成分の量によって分けられていて、この表示を見るだけでアイスの濃厚さなどが分かります。今回は、4つのアイスの種類と特徴について解説していきます。

※この記事は、管理栄養士の「矢崎海里」さんがご紹介しています。

種類の前に!アイスクリーム類とは?

アイスクリーム類とは、牛乳や生乳などの乳製品が原料の食品です。これらを加工し、凍結したもののなかで乳固形分が3%以上のものが分類されます。アイスクリーム類の中に、アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスがあります。このどれにも当てはまらないものは氷菓です。種類別はアイスのパッケージに必ず記載されているので、購入する際はチェックしてみてくださいね。

次から詳しくご紹介します。

アイスクリームの種類① アイスクリーム

アイスクリームに分類されるものは、乳固形分が15%以上で、そのうち乳脂肪分が8%以上のものを指します。アイスクリーム類の中で一番乳成分が多く、ミルクのコク、甘みをしっかりと感じられるリッチな味わいが特徴です。

主な市販品
ハーゲンダッツ、レディーボーデン、パルム、牧場しぼり、MOWなど

アイスクリームの種類② アイスミルク

アイスミルクに分類されるものは、乳固形分が10%以上で、そのうち乳脂肪分が3%以上のものを指します。アイスクリームより乳成分は少ないですが、牛乳と同じくらい乳成分を含んでいます。アイスクリームは濃厚すぎるという方や、さっぱり食べたい方におすすめです。乳脂肪分が少ない分、植物油脂などを加えて作られているものもあります。

主な市販品
チョコモナカジャンボ、ジャイアントコーン、雪見だいふくなど

アイスクリームの種類③ ラクトアイス

ラクトアイスに分類されるものは、乳固形分が3%以上のものを指します。アイスクリーム類の中で一番乳成分が少なく、その分安価で販売されています。

主な市販品
スーパーカップ、クーリッシュ、爽、パピコ(チョココーヒー)など

アイスクリームの種類④ 氷菓

乳固形分がラクトアイスより少ないか、乳成分を含んでいないアイスは氷菓に分類されます。

主な市販品
アイスの実、あずきバー、ガリガリ君、アイスボックスなどのシャーベット、かき氷系のものなど

種類を知ってもっと美味しくアイスクリームを食べよう

毎週新商品が発売されるアイス。牧場の牛乳の濃いソフトクリームや、専門店のジェラートもいいですが、手軽に購入できる市販のアイスもいいですよね。パッケージの表記もチェックして、購入する際の参考にしてみてくださいね。

矢崎海里管理栄養士・フードコーディネーター・発酵食スペシャリスト


調理責任者の経験を生かしたレシピ作成のほか、栄養コラムや特定保健指導などを行っています。
道の駅や市場で地元の食材を見るのが好きです。

矢崎海里の他の記事はコチラ!

関連キーワード

\ Share ! ⁄