きなこの3つの美容効果!毎日スプーン2杯で?効果を高める飲み方とは
ビューティー&ヘルスケア

きなこの3つの美容効果!毎日スプーン2杯で?効果を高める飲み方とは

相田すみ子 管理栄養士
2020.04.15

度々メディアでも取り上げられるきなこの効果。体にいいことは分かっていても、正直どう使えばいいのか分からず、持て余してしまうことも…。しかし、毎日きなこを摂り続けることは、美容やダイエットにも効果的なんですよ!

今回は、きなこの驚くべき効果と、美容やダイエット効果にオススメのきなこの食べ方についてお話しします。

※この記事は、管理栄養士の「相田すみ子」さんがご紹介しています。

きなこがもたらす3つの効果

きなこの効果① 美肌効果

大豆イソフラボンとサポニン

きなこには、女性ホルモンに似た働きをもつイソフラボンや、血流をよくするサポニンが含まれています。サポニンには、肌の老化に繋がる活性酸素を取り除ける抗酸化作用もありますので、Wの効果でイキイキとした肌を作りましょう。

糖値の急激な上昇を防ぐ

血糖値が急激に上昇すると、“糖化”という現象が起こります。糖化が起こると、肌がくすんだりキメやハリが低下したりする原因に。

★きなこは血糖値を抑える効果があるので、糖化予防に繋がります

きなこの効果② 便秘解消

きなこは、大豆を丸ごとすりつぶしているので大豆の食物繊維や大豆オリゴ糖など腸にうれしい成分を多く含んでいます。腸内環境を整え、スムーズな排便を促します。

★腸内環境を整える=美肌作りの第一歩

きなこの効果③ ダイエット

サポニンは、脂肪の燃焼を促進したり、脂肪の蓄積を抑制したりする効果もあります。ダイエット中の強い味方になってくれそうですね。

きなこの効果を発揮するにはどのくらい食べると良い?

粉の状態で食べるとき

きなこを牛乳などの飲み物に溶かす場合、大さじ2杯程度が適量と考えられます。きなこ大さじ1杯には、約18.6mgのイソフラボンが含まれているので、2杯だと37.2mgに。

1日のイソフラボンの上限は70~75mgとされているので、豆腐や納豆などの大豆製品を食べることを考えると、大さじ2杯程度がおすすめです。

きなこ入りドリンクを飲むとき

豆乳や牛乳などときなこがミックスされたドリンクもあります。商品によってきなこの量が変わるので一概には言えませんが、エネルギーや糖分、脂質などの兼ね合いから考えると、1本(200ml)くらいにしておきましょう。

きなこ入りデザートを食べるとき

こちらも商品によってきなこの量が違いますが、やはり“おやつ”という概念になるので、1個程度にとどめておいた方が無難です。

きなこの種類によって効果に違いはあるの?

きなこの種類をご紹介

黄大豆のきなこ

最もポピュラーな種類のきなこです。

青大豆のきなこ

緑っぽい色をしたきなこで、全国的には珍しい種類です。甘みは黄大豆よりもすこし強めで、βーカロテンが黄大豆の約15倍も多く含まれています。ちなみに、緑色ですが枝豆とは別の種類です。

黒大豆のきなこ

黒大豆のきなこは、甘みが強くポリフェノールが豊富です。黒大豆は皮だけが黒いので、粉にすると黒っぽさは感じられません。

きなこの種類で効果に大きな違いはない?

種類によって少しずつ成分に差があります。

★ただ、美容効果やダイエットに大きく差がつくわけではありません

好みの味や食感のものを見つけるとよいでしょう。中にはゴマやアーモンド、GABAなどが入ったものもあるので、気に入ったきなこを見つけてみませんか?

きなこの効果を発揮するなら朝がおすすめ!

なぜ朝が良い?

  • 朝イチの空腹状態のほうが、栄養が吸収されやすい
  • 朝に摂ることで、昼間まで血糖値の上昇を防ぐ

★きなこの効果を十分に得るなら朝がオススメ

どうやって食べる?

牛乳に溶かしたり、ヨーグルトにふりかけるのがおすすめです。ココアやスムージーとも相性ピッタリ。飲み物だと時間がないときでもさっと摂れるので、忙しい人にも◎。朝の習慣にしてみましょう。

きなこの効果で美に磨きをかけよう

きなこの効果は、美を気にする人にぴったりなものばかり。毎日大豆製品を食べ続けるのが難しくても、きなこを牛乳などの飲みものに溶かすだけなら続けられそうですね。きな粉生活をはじめて、体の中から美しくなりましょう!

相田すみ子管理栄養士

高齢者施設や病院で、栄養管理業務に従事。出産を機に退職し、現在はフリーランスの管理栄養士兼ライターとして活動中です。”分かりやすくて行動したくなる記事”をお届けします。

相田すみ子の他の記事はコチラ!

関連キーワード

\ Share ! ⁄