簡単に味噌汁が飲める!かわいくカラフルな味噌玉で毎日味噌汁を飲もう♪
レシピ

簡単に味噌汁が飲める!カラフルでかわいい味噌玉で毎日味噌汁

矢崎 海里
矢崎 海里 管理栄養士・フードコーディネーター・発酵食スペシャリスト
2020.01.11

突然ですが、皆さん、普段は味噌汁を飲んでいますか?和食の定番味噌汁は、心も体も温まるホッとする味ですよね。しかし、一人暮らしなどで最近では飲む機会が減っている人も多いのではないでしょうか。

今回は、仕事や家事などで時間がない方にもぴったり、簡単に1杯分の味噌汁ができる「味噌玉」をご紹介します。好きな具を混ぜて冷凍しておくだけ、カラフルな見た目も可愛い味噌玉で、毎日味噌汁を飲みましょう。

※この記事は、発酵食スペシャリストで管理栄養士の「矢崎海里」さんがご紹介しています。

味噌玉に向いている食材&向いていない食材

好きな味噌汁の具材、と聞かれたらどんな具材を答えますか?ある食品メーカーの調査では、なめこやあおさ、長葱、豆腐などが上位にランクインしています。味噌玉は、手軽に味噌汁を飲むことができますが、保存を目的としているので、味噌玉に向いている具材と向いていない具材があります。

【味噌玉向きの具材】

  • わかめ、あおさ、お麩などの乾物全般
  • 長葱、小ねぎ、生姜
  • えのき
  • 油揚げ
  • 七味、ごま、山椒などの香辛料

冷凍しても品質の変化が少ない物が味噌玉に向いている具材です。

【味噌玉に不向きの具材】

  • 人参、大根、ごぼうなどの根菜類

生のままだと火が通らず、固いため不向きです。

  • じゃがいも、里芋などの芋類

根菜類同様、生のままだと火が通らないため使用できません。

  • 豆腐

好きな味噌汁の具ランキング上位の豆腐は、冷凍保存によって食感が変わってしまうため残念ながら向いていません。

味噌玉を作る前のひと工夫メモ

  • お湯で茹でる/電子レンジで加熱
    一度火をしっかり通しておくことで、多くの野菜は味噌玉の具として活用できます。
  • 具材は小さめにカット
    注いだ熱湯で解凍できるように小さく切っておくことがポイントです。
  • 水気を切る
    水分の多いものは傷みやすいので、しっかりと水を切ってから保存しましょう。

ほうれん草や大根の葉、キャベツは味噌汁とも相性抜群、冷凍にも向いているため、野菜入りの味噌玉を作りたい人は、取り入れてみるのはいかがでしょうか。

では、いよいよ味噌玉の作り方をご紹介します。まずは基本の味噌玉のレシピから見ていきましょう。

基本の簡単味噌玉レシピ

材料(味噌玉6~7個分)

味噌
100g
顆粒だし(だし入り味噌の場合不要)
少々
お好きなベースの具材
適量

作り方

  1. ボウルに味噌、顆粒だし、お好きなベースの具材を入れ、よく混ぜる。
    ベースの具材は、わかめや長葱などのかさがないものがおすすめです。今回はわかめ大さじ1杯程度を使用しました。長葱の場合、10cm程度を小口切りにしたものを混ぜるとよいでしょう。

  2. 1杯分ずつ丸めていく。

  3. 我が家の味噌汁椀では具材込みで15gがちょうど良い塩分です。
    おうちの味噌汁椀の大きさや味噌の種類、塩気の好みにより量は変わってきますので、自分のベストの濃さを見つけてみて下さい。

次は周りにカラフルな飾り付けをしていきます。

カラフル&楽しめる味噌玉簡単アレンジ

先ほどの分量で作った味噌玉に、6種類のアレンジをしました。左上から花麩、胡麻、七味、小えび、青のり、とろろ昆布です。アレンジもとっても簡単、花麩をのせる、味噌玉の周りに胡麻や七味をまぶすなどの一工夫だけで、カラフルな味噌玉に仕上がります。

ここまで出来上がったら、ラップでひとつずつ包み、すぐ飲みきる場合は冷蔵庫、長期保存する場合は冷凍庫で保管します。期限の目安は冷蔵庫での保管が1週間冷凍庫での保管が1ヶ月です。

ここがすごい!簡単味噌玉のメリット

味噌玉には、いろいろなメリットがあります。

  • 熱湯を注いでもちょうど良い飲み頃に

冷凍保存をしているので、熱湯を注いでもちょうど良い温度でできあがります。忙しい朝でもすぐに飲むことができ、猫舌の方も安心ですね。

  • 洗い物削減

味噌玉は味噌汁椀に入れて、お湯を注ぐだけなので、洗い物を減らすことができます。

  • お弁当とセットでも

味噌玉は入れ物とお湯があれば、手軽にどこでも味噌汁を飲むことができます。毎日インスタント味噌汁を飲んでいた方も、節約になりますね。

味噌玉を常備して、簡単に毎日味噌汁を飲もう

手軽でおいしい味噌玉を常備しておけば、いつでも温かい味噌汁を飲むことができます。お気に入りの具材をストックしておけば、その日の気分や体調で選ぶという楽しみもあります!ぜひ毎日味噌汁を飲んで、心も身体も美味しく、一日を健康的に過ごしましょう。

矢崎 海里

矢崎 海里管理栄養士・フードコーディネーター・発酵食スペシャリスト

調理責任者の経験を生かしたレシピ作成のほか、栄養コラムや特定保健指導などを行っています。
道の駅や市場で地元の食材を見るのが好きです。

矢崎 海里の他の記事はコチラ!

関連キーワード

\ Share ! ⁄