納豆がダイエットにいい理由!食べごたえ抜群で栄養豊富
ダイエット

納豆がダイエットにいい理由!食べごたえ抜群で栄養豊富

矢崎 海里
矢崎 海里 管理栄養士・フードコーディネーター・発酵食スペシャリスト
2020.01.23

スーパーやコンビニでも手軽に購入できる納豆は、ヘルシーでコスパもよく、食事に取り入れている方も多いかと思います。「納豆ダイエット」などというワードも発信されていますが、本当に痩せるのか、どんな効果があるのか不安な部分もありますよね。今回は、管理栄養士である筆者が、ダイエットを助ける納豆の栄養について解説していきます。

※この記事は、発酵食スペシャリストで管理栄養士の「矢崎海里」さんがご紹介しています。

納豆の原料、大豆はダイエットに欠かせないタンパク質が豊富!

高タンパクに注目

納豆の原料、大豆は「畑の肉」と呼ばれるほど、タンパク質や栄養が豊富な食材です。古くから肉や魚の代わりに食べられており、最近では、ベジタリアンやヴィーガンの方のタンパク源としても注目されています。ダイエットでは「高タンパク」がひとつのワードとなっています。

タンパク質のダイエット効果

タンパク質は、筋肉や臓器などを構成する重要な成分です。タンパク質を摂ることで、基礎代謝アップに繋がることから、ダイエットに効果的とされています。 消費カロリーを増やし、痩せやすい体をつくります。

また、筋力をつけることでリバウンドのリスクを減らす効果もあります。魚や肉もタンパク質を豊富に含んでいますが、部位によっては脂質が多いものもあります。脂質の少ない大豆はダイエットの強い味方になっています。

タンパク質だけじゃない!ダイエットを助ける納豆効果

ダイエットを助ける成分

タンパク質の代謝に関わるビタミンB6

ビタミンB6を摂取することで、取り入れたタンパク質を効率よく活かせます

脂肪(脂質)の代謝にはたらくビタミンB2

大豆そのものにビタミンB2は豊富に含まれていません。納豆菌による発酵を経て、大豆の6倍ものビタミンB2を有しています。脂質の代謝に深く関係しており、補酵素としてはたらきます。体脂肪率の低下に繋がります。納豆1パック(50g)で、1日の摂取基準のうち約20%を補うことができます。

コレステロールの吸収を妨げる食物繊維

便秘解消効果などが広く知られている食物繊維ですが、血中コレステロール値を下げる効果もあります。血糖値の上昇を抑制する作用もあり、糖分を脂肪に変える働きを穏やかにする効果もあります。納豆1パック(50g)で、1日の摂取基準のうち約20%を補うことができます。

血中コレステロールや中性脂肪の値を改善するレシチン

大豆や大豆製品に含まれる大豆レシチンには、血中のコレステロール値や中性脂肪値の改善にはたらきます。

食べごたえ抜群で満腹中枢を刺激

噛みごたえもあり、お腹にたまる納豆は満腹中枢を刺激します。食事の少し前、またははじめに納豆から食べると、自然と食事の量を抑えられます

納豆をおいしく食べて、無理なくダイエットをしましょう

タンパク質は基礎代謝アップによる消費カロリー増加、ビタミンB2は体脂肪率の低下に繋がるなどダイエット時期に納豆は嬉しい食べ物でしょう。体調不良やストレスの元となる食事制限のみ、習慣的に時間の取りづらい運動のみ、といったダイエットは少なからず無理をしなければいけません。おいしく食べてしっかりと栄養を摂る、無理のない、より効果的なダイエットをしましょう。

矢崎 海里

矢崎 海里管理栄養士・フードコーディネーター・発酵食スペシャリスト

調理責任者の経験を生かしたレシピ作成のほか、栄養コラムや特定保健指導などを行っています。
道の駅や市場で地元の食材を見るのが好きです。

矢崎 海里の他の記事はコチラ!

関連キーワード

\ Share ! ⁄