豆乳の飲みすぎは体に悪影響?4つのデメリットを管理栄養士が解説
ビューティー&ヘルスケア

豆乳の飲みすぎは体に悪影響?4つのデメリットを管理栄養士が解説

相田すみ子
相田すみ子 管理栄養士

女性にうれしい働きをする豆乳に注目が集まっていますが「豆乳の飲みすぎは体に悪影響がある」という話を聞いたことがありませんか?

豆乳含まれる大豆イソフラボンが女性ホルモンに似た働きをし、生理不順や発がんのリスクを高める、といった話をよく耳にするかもしれませんね。

果たして、本当に豆乳を飲みすぎることで体に悪影響を及ぼす可能性があるのか?どれくらいの量なら体に影響が出にくいのか、解説していきます。

※この記事は、管理栄養士の「相田すみ子」さんがご紹介しています。

豆乳の飲みすぎは体によくないって本当?

毎日たくさん飲むのはおすすめできない豆乳

美容や健康に良くても毎日たくさん飲むのはおすすめできない

結論から述べると、1日1~2ℓなど極端な量を飲み続けると、体に影響を及ぼす可能性があります

無調整豆乳だと、1日に200mlの豆乳を2~3本飲む程度では影響は出にくいでしょう。調整豆乳や豆乳飲料など砂糖が入っているものを毎日2~3本飲み続けると、美容に影響が出てしまうかもしれません。

極端な量を飲むとどのような影響があるのか、見ていきましょう。

豆乳の飲みすぎで起こる4つのデメリット

豆乳を飲みすぎると起こる4つのデメリット

飲み過ぎ① 太りやすくなる

豆乳はヘルシーな飲み物ですが、無調整でも100mlあたり約45.9kcalあります。いくらヘルシーでも1ℓ飲めば約459kcalになるので、ラーメン1杯分程度のカロリーを摂取することに。

調整豆乳だと砂糖や油分が含まれている分、約58kcalになります。健康や美容によい豆乳ですが、調整豆乳や豆乳飲料を飲む際は量を控えましょう

飲みやすい無調整豆乳を見つけて、できれば毎日飲んでほしい豆乳ですが、1日に飲む量は抑えましょう。

飲み過ぎ② 肌荒れを引き起こす

豆乳はイキイキした肌に導くイソフラボンや、サポニンが含まれています。

一見、肌荒れとは無縁の飲み物のように思えますが、調整豆乳や豆乳飲料をたくさん飲むと肌荒れを引き起こすことも。

先ほどから少し触れていますが、調整豆乳や豆乳飲料には飲みやすくするために、砂糖や油分を加えています

砂糖や油分はニキビなどの肌荒れを引き起こす可能性があるので、たくさん飲むのはおすすめできません。

飲み過ぎ③ 生理不順

イソフラボンは女性ホルモンに似た作用があります。

毎日大量に飲み続けるとホルモンバランスに影響を与え、生理不順になる可能性も。

イソフラボンの感受性は人それぞれなので、1ℓ飲んで生理不順になる人と、そうでない人がいます。長期的に飲むとやはり影響が及ぶ可能性が高いので、適正な量にとどめたほうがよいでしょう。

飲み過ぎ④ 下痢

豆乳には、マグネシウムが含まれています。

実は、マグネシウムは便秘薬に使われるほど便通改善効果があるのです。

大量に飲むと便秘改善どころか下痢になる可能性があるので、注意しましょう。

実は違う?豆乳を飲みすぎても起こらない3つの誤解

豆乳を飲みすぎても起こらない3つの誤解

豆乳を飲みすぎることでデメリットがあるのも確かですが、一部の情報は間違っています

どんなことが誤解されているのでしょうか。

発がん性はナシ

豆乳をたくさん飲むと女性ホルモンに影響を与え、発がんのリスクがあるのではないか、と思われていますが、これは間違った情報です。

むしろ乳がんなど女性のがんを防いでくれるというデータがあります。

イソフラボンの過剰摂取は体に影響があるの?

イソフラボン(大豆イソフラボンアグリコン)を過剰摂取すると、体に影響があるという報告があります。

これはサプリメントやイソフラボン強化食品を摂取する場合に起こりうる話です。

食品からだと体に影響を及ぼす可能性は低いとされているので、安心して豆乳を飲んでくださいね。

子宮内膜増殖症への関係性は低い

豆乳をたくさん飲むと、子宮内膜増殖症になるという話があります。

厚生労働省の報告では「食品(大豆)からの摂取では子宮内膜増殖症へのリスクに影響を与えない」とされています。

先ほども少し触れたように、サプリメントやイソフラボン強化食品を摂取する場合は、上限量を超えないよう注意が必要です。

飲みすぎなければ!美肌&ダイエットに効果的なおすすめの豆乳は?

全15種類の豆乳を徹底比較!

豆乳好き管理栄養士3人×500人調査を公開!

【2020年】豆乳おすすめ15選!美容やダイエットのために本当に飲んでほしい豆乳ランキング

豆乳おすすめ15選!美容やダイエットのために本当に飲んでほしい豆乳ランキング

続きを読む

飲み過ぎは注意!適量を守って継続して豆乳を飲もう!

飲みすぎなければ体に悪影響のない豆乳

豆乳の飲みすぎで起こりうるデメリットをもう一度確認しておきましょう。

  • 太る
  • 肌荒れ
  • 生理不順
  • 下痢

1日1~2ℓ飲んだり、調整豆乳や豆乳飲料をたくさん飲んだりするときに起こりうる話

★毎日、無調整豆乳を1~2パック飲むくらいでは、体に悪影響をおよぼしません

★1日くらい飲み過ぎたとしても、継続して飲み過ぎなければ大丈夫

むしろ体によい影響を与えるので、豆乳は毎日続けて飲んでほしいですね。

&BEANSおすすめ商品❤

  • 豆乳deパウダー 有限会社出水食品 ¥-(税込)
  • ディープチョコソイラテ 株式会社OKENBI ¥2,000(税込)
  • 無添加生豆乳99.3 株式会社OKENBI ¥1,800(税込)
  • 美味しすぎるきなこ大豆 六田旭豆本舗 ¥734(税込)
  • 仙大豆 ソイチョコMIX 120g JA仙台 ¥650(税込)
  • 美味しすぎるショコラ大豆 六田旭豆本舗 ¥734(税込)
MORE
相田すみ子

相田すみ子管理栄養士

高齢者施設や病院で、栄養管理業務に従事。出産を機に退職し、現在はフリーランスの管理栄養士兼ライターとして活動中です。”分かりやすくて行動したくなる記事”をお届けします。

相田すみ子の他の記事はコチラ!

関連キーワード

\ Share ! ⁄